ハトムギが効く|いぼの手術について知ろう|きれいな肌に再生することのできる治療

ハトムギが効く

女性

体質次第では再発する

いぼは感染するものや体質、刺激によって発症するものなど、様々な種類のものがあります。発症すると皮膚の表皮部分が増殖し、角質部分が分厚くなっていきます。触れるとざらざらとした感触やぼこっと突起したようになり、見た目も白くなるものが多いです。感染して発症したいぼだと、サイズもほかの種類と比べて大きく成長しやすく、悪化の恐れもあります。自力の治療は困難であることが多いので、専門の医療機関で治療するのが無難です。治療方法はいぼの部分を焼いてかさぶたにし取り除くか、手術でいぼ部分だけ切り取って治すことが多いです。焼いて治す方法はかさぶたになるまで数日から数週間かかり、完治まで時間がかかります。手術であれば一気に取り除けるので、短期で治したい人に向いている治療です。それ以外のいぼですと、服薬や塗り薬、注射などで治すこともあります。効果があると言われている成分がヨクイニンというもので、ハトムギに多く含まれています。体質的に発症を繰り返している人の中には、ヨクイニンのサプリメントやハトムギの積極的な摂取を心がけている人もいます。いぼは発症原因や形状、特質などから大きく分けて2種類に分類されます。ウイルス性と、老人性いぼです。ウイルス性いぼは文字通りウイルスが肌に付着することで発症します。いぼを触れた手でほかの健康な肌に触れたり、公衆プールなど水場で感染したりするパターンが多いです。ドーム状に肌から盛り上がったようになり、痛みやかゆみを伴うこともあります。放っておくと増殖する恐れもあるため、皮膚科で液体窒素による治療を行なうか、美容外科でレーザー治療や切除手術を行なうのが安全です。中でも切除手術はウイルスに感染している皮膚を根こそぎ取り除けるため、再発のリスクも低いのでおすすめです。次に老人性いぼですが、こちらは感染する恐れはありません。紫外線や衣類などによる摩擦によって発症するとされ、顔や首、背中にできることが多いです。帯状に連なって発症することが多く、レーザー治療や塗り薬で治すのが一般的です。しかし体質の問題もあって、一度治療してもまた発症してしまうことが多い症状でもあります。